英語教育の人気が高まっている理由

英語教育の人気が高まっている理由は、小学生5・6年生の授業で英語が教科となる前に、なるべく早いうちから英語教育をスタートするのが効果的だからです。また、発達途上で爆発的な吸収力のある幼児にとって、幼児教室のような場所で英語話者による英語の発音に接することは、将来的に学習する英語のヒアリング能力向上への効果が期待されています。

英語を身に付けるメリットTOP3

子供
no.1

世界を舞台にコミュニケーションがしやすくなる

子供ではなくわたしたち大人に例をとってみると、英語話者でない人にとっては、英語に対する苦手意識・抵抗感といったものが、差違はありますが誰にでも存在します。もし英語を身に付けていたら、そういったコミュニケーションでの苦手意識はずっと低くなることでしょう。程度の差はあれ、少なくとも世界で話されている共通語としての英語は非常に便利です。自信をもって主張したり交渉したり、好きなものを好きと表現できることは、生きていく上でとても必要なことです。英語を身に付けるメリットの一番大きいことは、コミュニケーションの舞台が広がることです。

no.2

世界中を自由に旅行できる

たとえ片言であっても英語を話せて地図が読めれば、問題なく地球上のどこへでも行くことができるでしょう。個人としての行動範囲が広がることは大きなメリットです。例えばヨーロッパのフランスやドイツ、あるいはロシアや中国などの英語ではない言語を話す国に行くのであっても、英語という共通語はかなり使えます。特に言語や文化がこみ入ったアジアやアラブの諸国でも、外国人との会話は英語を基準としています。英語を身に付けるメリットは、旅行はもちろん、経済活動を含む必要性に応じて世界のどこにでも移動し易くなるメリットです。

no.3

知的好奇心を育てるスピードがあがる

英語で本やニュースを読んだり音楽を聴いたりすることは、実際の移動を伴わなくてもその人の知的好奇心の行動範囲を拡げます。そもそも海外の歌や曲などを、英語や洋楽が苦手だからといって嫌いになる方が難しいことですよね。現在、情報量の差はスピードの差でもあります。英語を身に付ければ、知的好奇心を育て、対象にアプローチできるスピードが断然速くなるのです。もちろん、翻訳された情報を通して、例えば人気映画の最新作がニューヨークで舞台上演されているという情報を得ることも可能ですが、できれば実際に舞台を見に行きたくなるでしょう。

子供の将来を考えて習い事を選ぶ

子供の将来を考えて習い事を選ぶとき、その子供の個性をいかに伸ばしてあげられるか、あるいは何が将来役に立つかで決めるでしょう。後者の場合、言語が役に立つことは明らかでしょう。中学生からの英語義務教育の現状は、いつかは誰もが必ず英語を3年間以上は学習するということが自明で、グローバル企業に就職するためでなくとも、現代では母語以外に他言語を理解することが必要とされています。子供が将来、少しでもストレスなく英語を学べたら、と望むのはとても自然な流れです。発達行動学の観点から、2~3歳児になると自我が形成されると共に、知的好奇心への回路が一気に発達することがわかっています。そんな時期に子供にあった適切な方法で、知性を刺激してあげることも大切な役割ですね。英語に触れることで親しみを感じるようになり、さらに、これは英語でなんていうの?という問いがでてきたら理想的です。

大人と子供で異なる!英語の学び方

大人の考える英語の学び方

英語の学習は、最終的には読む・書く・聞く・話すこと、すなわち英語でのコミュニケーションが目的です。しかし、多くの日本人にとってはコミュニケーションが苦手な傾向にあると言われてきました。どんなに単語や文法を暗記していても、実際に英語で会話することとは違いますよね。本来、一番頻度の高い会話は、生活するのに必要ないわゆる日常会話です。しかし、それを教科書や教材で習うのと、目の前で自然にそれを発語する人がいる環境では習熟度合いは大きく違います。そういった機会を得るには限界があるのは前提ですが、中学生以上であれば、海外留学や一定期間のホームステイが英語学習の一番の近道といえるでしょう。

子供は遊びの天才

子供は遊びの天才、とよく言われていますが、英語で遊ぶことももちろんその中に入ります。例えば英語のアルファベットなども、中学生になってから覚えるときの学習対象としてなどではなく、3~5歳くらいにの子供にとっては、形を見て発語して遊ぶ対象です。お気に入りのキャラクターや図鑑で魚や車の名前を覚えることと全く同様で、ゲーム感覚で遊ぶ材料にしてしまいます。そうして遊ぶという行為そのものが学ぶ要素を含んでいるので、遊んでくれさえすればしめたもの。大人が考えるよりもずっと簡単でストレスなく、英語を学んでいるのです。

楽しく英語を身に付けよう【子供に無理なく英語を学ばせる方法】

子供と女性

幼児教室とは?

少子化の傾向にある中、0~5歳の子供の人口は23区内では世田谷区が最も多く、様々なタイプの幼児教室があります。幼児教室とは、就学前の子供を対象に特化した習い事スクールで、水泳や体操などの身体を動かすタイプからプログラミングや英語まで、子供の志向や発達段階に合わせてさまざまな教室があります。幼児教育は遊ぶことと密着しています。習慣性を身に付ける過程がまずは大切で、その結果として認知機能や操作性が身につくようになっていきます。一種のゲームとして英語の単語や発音に接したり、簡単なイエス・ノーでストーリーを進めるなど、英語との楽しい触れあいが形成されることは、知育にとっても大切な一歩です。幼児教育は主に家庭でのしつけやコミュニケーションが目的ですが、教育当事者であるお母さん・お父さんにとっても、日本語だけでなく英語に触れて子供と遊んでみることは、興味や次の遊びへの幅を拡げる効果をもっています。そのきっかけをつくってくれるのが、英語の幼児教室と言えるでしょう。

広告募集中